〜イヨォーッ!今年もこの季節がやって来ましたよっ!!〜

玉140 サマーがっ祝・福 SKiの夏合宿!

2001.7.14〜15 山中湖・東照館
橋本・遠藤・西堀・石澤・吉田・星川・小林・小田・高橋・森野・斎木・河野・片平

 7月14・15日に、恒例となった山中湖合宿「サマーがっ祝・福 SKiの夏期合宿」がお馴染みの東照館で行われました。山中湖の過去2回は共に台風に襲われており、SKiのツアーといえば何かが起こると云われていますが、今回は特にありませんでしたね。強いてあげれば高速道路の異常な渋滞。1時の集合時間に間に合わない方が続出しました。これこそ正真正銘の「歩ののろい」ですね(笑)。受付後は心体測定という催しが行われた模様。ジャンケン力・早口しりとり力・視力・よろず力との項目があったとの事です。この結果は何に生かされるにでしょうか?

 休憩後は体育館でトークタイム。先着順にメンバーの元に散っていきます。まいまいは受験勉強・SKi・家事と大忙し。特に洗濯が量が多くて大変だそうだ。梢ちゃんは補習に出る必要がなくなったので、昨日から山中湖に来ているとか(^^;)。伶奈ちゃんは車には弱いらしい。SKiには慣れたそうですが、お客さんにはどうでしょうか。AB型だけどよくA型と言われるらしい。それって猫を…。 

 続いて中庭に移動してで初日の撮影会が行われました。メンバーは一度に全員なので、忙しそうなお客さん。初めて参加の伶奈ちゃんと妃奈子ちゃん、感想はいかがですか?
橋本美香 遠藤舞香 西堀真子 石澤彩乃 吉田梢 星川りりか 小林万里菜 小田亜摘 高橋里奈 森野加奈 斎木春香 河野伶奈 片平妃奈子
 テキヤのツーショットでは、新ユニットが登場。山中湖少女隊や三人祭(仮)など。「罰が当たった〜」と嘆かれた「ばちあたり真子」は、ほっぺを膨らましましていました。

 夕食後はショータイム。『何かの丘を越えて』でオープニング。舞香ちゃんの嘆きや梢ちゃんのコザックが飛び出し、丘というより一線を越えたという感じでした(笑)。ダウトを探せ!のコーナーは、メンバーの嘘を指摘します。お手つきは墨塗りはいつも通りですね。彩乃ちゃんの「最近5s太った」を指摘したお客さん、これ自体は正解ですよねぇ。美香ちゃんの「毎日8時に起きて…」は、「そんな時間に起きるわけないだろう!」と叱られていました。続いて「私たちはお馬鹿さんじゃ無いことを証明するコーナー」。4文字熟語の空欄を埋めます。初級編の問題で不安になっている真子ちゃんと亜摘ちゃん(^^;)。他のメンバーからも楽しい答えが連発しました。

 続いてお客さんからの質問コーナー。夏休みの予定は「SKi一筋」と妃奈子ちゃん。里奈ちゃんは一に勉強、二にSKi、三に遊びとのこと。真子ちゃんは受験に対して自信が湧いてきたそうだ。でも何処から来ているのかは謎である。「生まれ変わるのなら男か女どっち?」には、女の意見が多数。「美香さんの様に美しくなりたい」という理由に上機嫌の美香ちゃん、「良い教育してると思うわ」とコメント。それって洗脳ですか(爆)。

 夏バテ対策には「オロナミンC(スィー)が良い」と真子ちゃん。炭酸が強く、痺れて頭の回転が急に早くなるそうだ。気分がハイになって食欲が湧いてくるとのことでした。「最近メンバーが冷たい」との愚痴には「緊張してると聞きそびれて…」と伶奈ちゃん。「話しかけられてもボーっとしていて頭にインプットされていない」と真子ちゃん。決して無視している訳ではないので、マイナス思考はしないでとのことでした。次のリクエストコーナーでは、組織票も無く(笑)最高得票が二票とのこと。見事にばらけたようですね。最後は「エメラルドの伝説」で終了。この後に湖に行くのにねぇ(笑)。

 今年の合宿はまだまだ終わらない。ショウタイムの後は湖畔で天体観測の時間です。湖畔はさすがに真っ暗。星も出ていません(^^;)。灯りを頼りに広がり、早速花火が始まります。あちらこちらで歓声が起こり、メンバーの無邪気な笑顔が浮かび上がります。ロケット花火も打ち上がり、盛大に盛り上がりました。

 続いて『暴力バーこわ〜ず』でPANTAさん・美香ちゃん・舞香ちゃん・彩乃ちゃんによるアコースティックナイトの始まりです。PANTAさんの歌に美香ちゃんのコーラスが彩ります。他の2人は眠そうです(^^;)。このイベントは強制的にお捻りが必要のことで、ステージ前に置かれた箱にお捻りが集まります。なかにはおにぎり引換券のお捻りもあったようでした(笑)。


2日目へ


HOMEへ MENUへ