〜あなたの個人的、知人的、夢中的、SKi的悩みにお答えします〜

玉312 お客様の何でも悩み相談室

2004.3.20 13:15 もやもや解消ウヤムヤ LR
 <相談員>高田・中野・中村・梶原 <顧問>星川

 3月20日にLRにて「お客様の何でも悩み相談室」が行われました。まずは顧問のりりかちゃんが登場。巷では個人情報の流失などの問題が起きていて心配そう。りりかちゃんも通信販売で電子辞書を買ったそうだ。P会報の編集長に就任した事もあって、家族で相談して決めたらしい。メンバーの字を直すのに活躍しそうとりりかちゃん。でも、翻訳機能も必要じゃない?(笑) ことわざ辞典も入っていて、寿隊の歌詞も調べたりしたそうだ。でも新しい事を覚えると、前の事を忘れちゃうのが悩みの一つとか。辞書の中には、暮らしの中の法律相談もあるとのことで、「相談があったら是非私に」と顧問として意欲的です。でもどうしても解らないときは法学部の梢ちゃんに振るらしい。笑顔でキツイ事を言われそうで恐いなぁ(ぼそ)。

 今回は立派な相談員がいるとの事で、一人ずつ招きます。まずは高田先生。得意分野は恋愛関係とのこと。困るのは物理的な相談だそうだ。中野先生は友達や人間関係の相談に強いらしい。中村先生は頭を使う問題は遠慮しますとのこと。でも漢字検定3級の持ち主で、物理的な事は得意のようだ。梶原先生は恋の話と友達関係が得意との事。キューピット的な経験もあるそうで、ファンの方のキューピットをやってみたらとりりかちゃん。お客さん同士でカップルが生まれるかもしれないですね(^^;)。

集合写真 続いては先生達の悩みを聴いてみようコーナー。相談員も悩みを抱えています。梓ちゃんは社会が好きだが、テストになると出来なくなるそう。どうやら本番に弱いタイプらしい。テスト前に先生に質問攻めにするというアドバイスがありました。ひかるちゃんは物覚えが悪い事。家で勉強しようと思えないらしい。日頃10分でも毎日続ければと唯ちゃん。授業中も黒板の内容だけでなく、先生の発言なども書くと良いとの事でした。唯ちゃんは自分のわがままが原因で、母にご飯を作ってもらえなくなった事。親孝行をして、料理を作って仲直りして下さいとのアドバイスがありました。沙貴ちゃんは朝起きられない事。目覚ましを3個置いているけど、止めて二度寝してしまうらしい。遠くに置いて試したが、ベットから転げ落ちたらしい。結局マクラにバイブを置くことになったようだ。りりかちゃんも起きれないそうですが、ツアーなどの時にはパッと目覚めるらしい。普段は朝お腹空かないそうですが、ツアーの時だけは別だそうで、朝の散歩の時はお腹が空いていると思って下さいとの事でした。

 いよいよ本題に入り、申し込み時に添えられた悩みを相談します。新人ちゃんと仲良くなるにはとの相談には、積極的に話しかけて下さいとのこと。でも適度に距離を保ってとの事で、これからは沙貴ちゃんが1.5mの物差しになるらしい(笑)。静電気の悩みには、ゴムの手袋を着ければとのアドバイス。でも指紋が付かないからって犯罪はダメですよ(^^)。卒業したメンバーに替わる一押しを募集するお客さんも。顧問を含む全員が立候補したようだ。中には「伶奈ちゃんをもっと美しくするにはどうしたらいいか」という相談があり、いきなり「無理です!」と○○ちゃん。この発言に驚く会場でしたが、これ以上にないくらい美しいからとの事らしい。

 最後は顧問の悩みを相談します。どんな髪型が似合うかとの相談に、いろいろ試してみる事になったようだ。2月にCount Downしましょうか?(笑) 可愛い洋服が多く、買いすぎてお小遣いがピンチとのことで、伶奈さんのお母さんに頼んでみてはとの意見も。撮影会のポーズが尽きて来たという悩みには、SKiの曲の振りから抜き出せばとのアドバイス。正にポーズですね。

 皆さんの悩みも解決して気分が晴れたとりりかちゃん。これからも何かありましたら顧問に相談して下さいとの事でした。
 

HOMEへ MENUへ