〜「制服の日」400回記念公演!〜(92年10月の生誕から14年)

第400回 SKi's Free Concert  

2006.4.23 13:00 日比谷野外小音楽堂

Dr.SEVEN 4月23日に日比谷野外小音楽堂にて、制服の日400回記念公演「SKi's Free Concert」が行われました。オープニングMCはDr.SEVEN。22日がアースデイだったことにちなんで、その歴史や代々木公園でのイベント等を紹介しました。続いてPANTAさん。この頃役者づいてるそうで、今はTHEATRE1010で行われている「秘密の花園」に出演しているそうだ。今日は休演日とのことで、久しぶりに音楽の場に戻れて嬉しいとPANTAさん。『さようなら世界夫人よ』を熱唱。美香ちゃんがハーモニカで参加していました。

 SKi本隊は自己紹介の後、どんな世代でも一緒に歌えると唱歌から。今回はフリーコンサートとあって、SKiを知らないお客さんを意識した構成になっていたようだ。ボランティア活動などのグループ説明を詳しく説明します。今後の予定では、子供の日公演に「いつもより子供らしく頑張りたい」と祐奈ちゃん(^^)。リリース情報で『お墓参り』を4/1発売『されます』とけいこちゃん、帆奈美ちゃんに『されました』と直されていました。たどたどしい告知に、「不安な方はオフィシャルホームページをご覧下さい」と美香ちゃん(^^)。

 この公演は400回を記念してカメラ撮影がOKになっていました。出来映えの良い写真はIJRに送って戴ければとのこと。ホームページにのる可能性もあるそうだ。SKiも14年になりますが、世界に目を向けると素晴らしいグループがあると、ローリングストーンズの話題を。東京公演を見に行ったそうで、ステージパフォーマンスが凄いと無理矢理スケジュールを合わせて名古屋公演を見に行ったと美香ちゃん。東京公演でお気に入りの曲をやらなかったからとの理由もあるとか(^^)。

寿隊 美香ちゃんのアコースティックコーナーに続いて、なんと寿隊が登場。メンバーは松尾・星川・片平・佐藤・矢野の5名。けいこちゃんは初寿ですね。『歯が痛いっ!』や『ナニっ?それっ?』など5曲を披露。ステージ上を駆け回っていました。楽しい踊りにお客さんものってしまい、カメラもぶれまくってしまったのではないでしょうか(^^)。

変身後変身前 続いて再びPANTAさんの登場。お芝居をやってみて毎日が驚きの連続で、芝居が終わったら自分の音楽が変わるのではとPANTAさん。また、来年の大河ドラマ「風林火山」に鎧兜姿で出演するらしい。出ずっぱりはいやなので、さっさと討ち死にしたいそうだ(笑)。走るのが嫌で、足軽だけは止めて欲しいとか。R&Sがステージ上を走り回っている話を出して、「俺は1回走っただけでステージが終わる」とPANTAさん(^^;)。それでもR&Sは平均年齢66歳でもライブをやっているんだから俺もやめられないと気合いを入れます。美香ちゃんと『理想と現実』を歌った後、「眼鏡かけっぱなしだった!営業用に変えます」とあわてて眼鏡をはずして髪をぐしゃぐしゃにします(笑)。中川五郎さんとは、それまで接点はなかった?と振られて、「俺、役者だから」と笑いを誘います。

SKi コンサートも終盤へ突入。「フリーコンサート」が『不倫コンサート』と聞こえて美香ちゃんに突っ込むお客さん(^^)。楽しい時間はあっという間に過ぎていき、最後はSKiの曲で盛り上がります。ます。少し押しているのか、MCの途中で曲が流れる場面も。心配された天気も、どうにか持ちこたえて終了しました。 

  HOMEへ MENUへ