〜こんなに楽しいライブは見逃すわけにはいられないっ!〜

唄わずにはいられないツアーVol.4  

2007.4.8 16:00 大阪・Knave

 4月8日に大阪のKnaveにて「唄わずにはいられないツアーVol.4」が行われました。まずは『ニッポン』を披露。今日でツアーは一旦終了しますが、たくさんのアーティストがゲストに参加してくれて嬉しいと美香ちゃん。 大阪へはPANTAさんのCACAツアーで来たと真冬ちゃん。そこで披露した『アメリカ』を歌います。続いて『長い夜』『世界・自由・アメリカ』を熱唱しました。このツアーで始めて遠藤ミチロウさんとお逢いして、初日はかなり緊張したそうですが、3日間行動を共にして打ち解けたようですね。今回はミチロウさんの曲『Just Like a Boy』に挑戦します。続けてPANTAさんの『夕陽のマラガ』を披露。共にTHE DUET風にアレンジして、可愛らしい曲調になっていました。これからも私たちが歌えそうな曲を歌っていきたいとのことですが、ミチロウさんの曲をアレンジするのは大変でしょうね(ぼそ)。

 前半のTHE DUETのコーナーは終了して、ゲストのストロベリーソングオーケストラの登場。鏡町の電波塔より飛来してきた見世物パンク一座とのことで、パンクと演劇を融合させたパフォーマンスを披露。 暗闇の中を客席後方からゾンビのように現れて、観客を不思議な世界へ引きずり込みます。今回は曲を中心に『遠眼鏡で覗くエチュード』『非傀儡宣言』『大空を失った男』『胞衣の劇場』を披露。暗転にマッチの灯りなどを駆使して寺山修司ワールドを醸し出していました。今回は最前の席で見ていましたが、全体を見通せる席で見てみたかったです。また見られ る機会があるといいですね。ちなみに19時前にライブが終わったのは初めてらしい(^^;)。

 3番手は遠藤ミチロウさん。今回はギターに「そのまんま東」さんのポスターを貼って登場。歌詞に合わせて投げ飛ばしていました。激しい演奏に手がパンパンになっちゃったとこぼすミチロウさん。違う曲をやろうかなと誘惑に駆られますが、初志貫徹ということで、最後は『音泉ファック』で盛り上がって終了しました。

 PANTAさんも今日は硬派に登場します。「うたがわずにはいられないツアー」に参加させて貰って感謝しているとPANTAさん(笑)。盛り上がってきたところでTHE DUETの二人を呼び込みます。最近真冬ちゃんを「マフィー」と呼んでいるらしい。さっそく客席からマフィーコールが掛かります。お客さんのパワーは凄いと感心するPANTAさん。始めてエミナースに来たときは、ステージではなく客席ばかり見ていたとか(^^;)。本気で楽しんでいるのを見て、PANTAさんも嬉しくなったそうだ。みなさんのコールは嬉しいと真冬ちゃん。昨日のPANTAさんへのコールも楽しかったそうだ。俺たちのライブじゃ絶対できないとPANTAさん。すっかり病み付きになったようで、DUET主役のツアーですから歌う正当性があると『うたかたの夢』を歌う主張をします。やっちゃいますか?と真冬ちゃん。この間に客席にコール表が配られ、一般の方を巻き込んでのPANTAコールで盛り上がりました。

橋本・PANTA・松尾 アンコールでは『星の船』『唄わずにはいられない』を披露。今回は8回でした。 続けてSKi時代から大切にしている曲『天使の翼』を美香ちゃんヴォーカルで披露。客席後方ではしっかりと廻っていたようだ。『心のフリーウエイ』で盛り上がって、最後は全員で唄います。勢いで「出てこい、変態ども〜」と呼びかける真冬ちゃん(^^)。驚く美香ちゃんをよそに、「変態1号です」とPANTAさん。すっかりSKiファミリーに溶け込んでいます。ストロベリーソングオーケストラの方たちや、ミチロウさんと一緒に『仰げば尊し』を唄ってステージは終了しました。 

 HOMEへ MENUへ